赤ちゃん 痔

赤ちゃんの痔の痛みをやわらげるために

赤ちゃんの痔は、痛みを和らげてあげる工夫と早く治るようお尻を常に清潔にし、ウンチをやわらかくしてあげることが大切です。

 

痔には、切れ痔(肛門裂傷)やいぼ痔、痔ろうなどがありますが、赤ちゃんに多いのは切れ痔です。

 

泣き叫ぶ赤ちゃん

切れ痔になるのは、便秘がちで硬くなった便を無理に出そうとするからで、出すときにお尻の穴が避けてしまったり、傷がついてしまいます。

 

実際に、赤ちゃんでも小石のようなカチカチうんちを出すこともあります。

 

乳幼児の場合は、大人と違って傷の治りも早いので、数日たてば軽快することがほとんどですが、その後もカチカチの便が続くなら、傷が悪化することもあります。

 

まずは排便後にお尻拭きで丁寧に拭いてあげたり、ぬるま湯で洗ってあげるなど清潔にしてあげましょう。

 

その後に軟膏を塗ってあげて痛みをやわらげます。

 

傷の治りが悪かったり、悪化して見張りイボのようになっているなら、病院で診てもらう必要があるかもしれません。

 

家庭で行なうべきもうひとつの大切なことは、赤ちゃんのウンチをやわらかくしてあげるということです。

 

ウンチが硬くなるのは、腸内の水分量が足りなかったり、便秘でなかなか出ずにたまった便が水分を失っていくためです。

 

赤ちゃんの痔を解消するカギ

 

汗をかいたときなどに、きちんと水分補給をしてあげることも大切ですが、もっと大切なことはお腹のビフィズス菌を増やしてあげることです。

 

ビフィズス菌と水分にどんな関係があるのだろう?と思われるかもしれません。

 

ビフィズス菌は、腸内で乳酸や酢酸などの酸を産生するのですが、この酸を薄めようとして腸管の中に水分が呼び込まれるのです。

 

その結果、大腸の中の内容物もやわらかくなって出やすくなります。カチカチうんちや便秘にもなりにくくなるというわけです。

 

食べ物や飲み物も制限される赤ちゃんにとって、ビフィズス菌を増やすのに一番よい方法はオリゴ糖をミルクに混ぜて与えることです。

 

オリゴ糖は母乳にも含まれる成分で、ビフィズス菌のエサとなって活発にさせる作用があります。また糖分でもあるので、浸透圧が高いことによって腸管内にさらに水分を増やしやすくなるのです。

 

赤ちゃんにオリゴ糖を与えるなら、スーパーに売られているシロップ状のものは避けてください。これらは純度が低くて、砂糖や食品添加物が含まれています。

 

赤ちゃんに与えるなら、不要なものが混ざっていない粉末状のオリゴ糖で、天然原料からつくられたものが安心です。

 

以下のオリゴ糖は赤ちゃんの便秘に悩んできたママたちに大好評です。
↓ ↓ ↓
赤ちゃんのためのオリゴ糖はこちら